M&Aの意味を考察

M&Aは、カタカナ表記にすると、エムアンドエー、エムエーといいます。
一般的に良く使うのはM&Aです。
聞いたことがあるビジネス用語ですが、詳しくはわからない場合が多いのではと思います。
それぞれ英語の頭文字をとったもので、Mergers and Acquisitions、すなわち企業の合併と買収のことです。
とくに、企業を取得する目的で行われ、買収者に吸収したり、子会社に吸収したり、子会社化したりします。
M&Aはどういうときに実施されるのかというと、新規事業に参入するとき、新しい市場に参入するとき、企業グループを再編するとき、事業を統合するとき、経営不振に陥っている企業を救済するとき、業務提携するとき、です。
日本法でどいういうふうに捉えるかというと、企業戦略として考えられています。
それには、合併、会社分割、株式交換、株式移転、株式公開買付といった企業の統制を行う手段が含まれます。
M&Aは、毎年増加しており、主として競争力を高め、事業拡大していくために用いられています。
日本国内でM&Aというのを聞くと、大企業がやっていることとして考えることが多いのではと思います。
ところが、実際には中小企業が関係していることが多くなっています。
とりわけ中小企業の後継者を誰にするかという事案で、それではM&Aという手段が用いられています。
昭和期に創業した経営者が後継者不足に陥いるケースで、中小企業間で統合を促進しています。
考えられるのは、M&Aのほか、親族へ継承する、社員へ継承する、株式上場する、清算するということになります。
でも、継承するのに難があったり清算すると従業員が解雇になることから、M&Aに落ち着くことがあるといいます。
そのほかたくさんの業種で事業再編が行われます。
インターネット上にはサイトM&Aなるものがあるが、これは従来のM&Aとはまったく別の意味合いで使われています。
日本のM&Aの特徴的なのは、企業を譲渡する側、譲渡される側の両方から手数料をとっているところです。
株式会社の場合には、取締役らが経営の義務を担うことになり、株主が権利を行使して、緊張関係をもたらしています。
株主が選任したり、定款を変更したり、提案したりして統制します。株主は経済的な利益、配当を受けるのがおおよその目的です。
株主が買収提案をしたら、経営陣はそれに対して意見を述べることはできます。
これはアドバイスとして反対することがあったり賛成することがあったりします。
このように会社法が関係している部分があり、細かな取り決めがなされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*